出会い系サイトは「危険」「トラブルが多い」と思っている人も少なくないようです。
確かに以前はいろいろなトラブルや事故、事件が頻発していた頃もありましたが、それを解消するために出会い系サイト規制法が作られ、今ではかなり健全な状況となっています。
ではまったくそういった問題はなくなったかというと、残念ながら「Yes」と答えることはできないのが実情です。
というのも、出会い系によるトラブルや問題は近年はアプリで多発しているからです。
つまり、スマートフォンの普及によりいろいろなアプリを利用する人が増えたことで出会い系アプリでのトラブルが増えているのです。
パソコンよりも身近で使いやすいというイメージからか、アプリを気軽に利用し悪質業者や会社が運営する出会い系のトラブルに巻き込まれているケースが多くみられます。
アプリの数は非常に多くなかなかそれぞれの状況がわかりにくいのですが、口コミ情報サイトではある程度の状況がチェックできるので、出会い系アプリを利用する前にはそれらをしっかり確認することをおすすめします。

出会い系アプリは有料か無料かどっちがいいの?

出会い系のアプリには、利用にお金の掛かるものと無料で利用できるものがあります。
多くの人がどちらが出会いのチャンスは大きいのだろうかと悩んでいるようですが、お金が掛かる掛からないよりも目的に特化したサイトかどうかを見るほうが重要です。
そして、使い勝手の良し悪しも大きなポイントです。
セフレ探しが目的なら、セフレ・パートナー・マッチングサイトを利用するのは有効です。
ただし、自分の求める条件をしっかり自分自身で認識することも大切です。
たとえば、出会いの際の安全性を最優先するのか?それとも少々のリスクはあったとしても出会いの可能性の高いほうがいいのか?によって選ぶアプリは違ってきます。
また、出会いの相手に求めることやセックスの嗜好といった点で見極めることも必要でしょう。
もちろん出会いにお金を使いたくないのであれば有料のアプリは除外ですし、お金を使ってでもセフレが欲しいという人でも無料で簡単にセフレとであるならそのほうが好ましいのではないでしょうか。
したがって、出会い系アプリを利用するならまずは無料のものから始めることをおすすめします。
はじめのうちはいろいろと戸惑うことも少なくないことでしょから、無料アプリである程度慣れたうえで、あまりうまくいかないのであれば有料に切り替えるという方法でもいいのではないかと思いますよ。
お金が掛からないので複数に気軽に登録でき出会いの機会が増える点も無料アプリのメリットです。

男女の性欲のピークの違い

セフレ関係を求めて出会い系のアプリなどを使用している人もたくさんいます。
利用している男女比は圧倒的に男性のほうが多いのは当然ですが、女性の利用も決して少なくありません。
このアプリを使っている年齢層を見ると、興味深いことがわかりました。
男性の利用は20代が中心なのに対して、女性の場合は30代から40代が多くみられるのです。
この理由として、男女の性欲の在り方の違いが挙げられます。
男性の場合は高校時代から20代が最も性欲が強く、女性はそれとは遅れて30代から40代とされています。
つまり、男女とも性欲が最も旺盛な年代にこういった出会い系のアプリの利用が多くなるというわけなのです。
しかし、30〜40代の女性ともなれば多くは結婚して夫がいるはず、それならセフレを必要とせずに夫とセックスをすればいいのではないかと思う人も多いことでしょう。
けれども男性の性欲のピークは20代なのに加えて仕事疲れなどから妻とのセックスが減ってしまいます。
その一方で妻は性欲の高まる年代に差し掛かるけれども夫とのセックスでは満足できない欲求を解消するために、セフレを求めて出会い系のアプリやセフレ・パートナー・マッチングサイトを利用するというわけなのです。

セフレでも褒めることは大切

日本の男性は女性を褒めるのが下手といわれています。
それがたとえば恋人や妻という存在であっても、あまり褒めることはないのが実情です。
褒めるのはおろか「好きだよ」「愛してる」などの言葉はもちろんなのですが、女性からすればむしろそういった言葉を言ってもらいたいのが本音でしょう。
「照れ臭い」「恥ずかしい」といった思いから「そんなの言わなくてもわかっているはず」「わざわざいうことじゃない」など封建的な考えの男性も少なくないようです。
しかし、人は褒められて悪い気はしませんし、恋愛相手からならなおさらでしょう。
お互いがセックスを楽しむためだけに付き合う割り切った関係であるセフレでも、相手を褒めることは大切です。
「でもセフレに『好き』や『愛している』といった言葉は感情移入してしまうからNGなんじゃないの?」と思う人も少なくないでしょう。
もちろんそんな言葉を言う必要はまったくありませんが、褒めることは大切です。
したがって、セフレで褒めるのはセックスに関するポイントです。
「きれいな身体だね」「すごく気持ちよかった」などと言えば、女性は「もっと気持ちよくなって欲しい」などと考えてテクニックを磨いたりそれまでNGとしていたプレイでもOKしてくれるかもしれません。
褒めることは出会う前からも必要です。
出会い系のアプリで写メの交換をした際などにも「すごくかわいいね」「ぼくのタイプだよ」などと言えば出会いの可能性が高まるかもしれませんよ。

割り切り関係のセフレにもコミュニケーションは必要

お互いがセックスを楽しむためだけに付き合うセックスフレンドは、二人の間に恋愛感情のない割り切った関係です。
そして、それぞれのプライベートには干渉しないのがルールです。
恋人同士ではないので相手のことを理解する必要はありませんし、もちろん愛だの恋だので相手に気に入られる必要もないのです。
けれども、それらが必要ないからといってコミュニケーションまで不要ということではありません。
男女間のコミュニケーションというと、愛情の確認といった言葉を交わすことだけと思っている人もいるかもしれませんが、セフレにはセフレ関係を円滑にするためのコミュニケーションが必要なのです。
たとえば、相手がどんなセックスプレイを求めているのか?NGなプレイはあるのか?といったことは事前に確認しておく必要があります。
また行為が終わった後も、今のセックスで満足できたか?もっとこうして欲しかったといったリクエストはないか?といった話をすることで、次回に会ったときにはもっと満ち足りたセックスができるかもしれません。
出会い系のアプリやセフレ・パートナー・マッチングサイトなどで知り合った相手との初めてのプレイというなら、こういった点の事前確認は欠かせないでしょう。
さらに、相手のことを知るためのコミュニケーションも必要です。
ただしこれは恋人同士として付き合うためのコミュニケーションとは異なり、相手は危険な人物ではないか?セックスしても大丈夫か?といった不安を解消するためのものです。
特に、関係を長く続けるつもりならこういった確認事項は必要かと思いますよ。